養子縁組しない場合

スポンサードサーチ

養子縁組の是非

子連れで再婚する場合の注意点をご紹介します。
まず検討すべきは、自分の連れ子と再婚相手を養子縁組すべきかどうかという点です。

養子縁組をしない場合は、自分の連れ子と再婚相手は配偶者(妻、夫)の子という自分を介しての繋がりしか生じません。

ですので、再婚相手が自分の連れ子を扶養する義務も、反対に自分の連れ子が老後の再婚相手を扶養する義務も基本的にはありません。

なお、扶養義務はなくても再婚相手が自分の連れ子を扶養していれば、扶養控除の対象にすることは可能です。

また、両者の間には法定相続(法律で定められた相続)も生じませんが、遺言によって相続させることは可能です。

姓が変わる

そして、再婚によって自分の姓が再婚相手の姓に変わる場合、自分の連れ子の姓も一緒に変更しても構いませんし、子供だけ再婚前の姓のままにしておいても構いません。

前の配偶者と子供との関係には大きな変化はなく、養育費もこれまでどおり受け取れますし、元夫が亡くなった際は、子供は遺産を相続する権利を持っています。

なお、再婚相手が自分よりも収入が高い場合は、前の配偶者からの申し出によって養育費が減額される可能性はあります。


スポンサーリンク
スポンサーリンク