知っておきたい法律※

スポンサードサーチ

再婚禁止期間

女性には100日間の再婚禁止期間が法律で定められています。
ですので、女性は離婚して100日経たなければ再婚することが基本的にはできません。

離婚後すぐに再婚して出産した場合に、どちらの夫の子供か分かりにくく、子供が権利を享受できないおそれがあるためです。

ただし、次の項目に当たる場合は、例外的に離婚後100日以内であっても再婚することができます。
次の場合はどちらの子供かという問題が生じえないためです。

離婚前から妊娠していて離婚後出産した場合
離婚前の夫と再婚する場合
夫の生死が3年以上不明であることを理由に離婚判決を受けた場合
夫の失踪宣告による婚姻解消の場合
離婚後に優生手術(不妊手術)を受けて、医師の証明書を提出した場合
女性が67歳以上の場合
なお、再婚禁止期間について、2016年6月6日以前は6か月と定められており、上記のような例外も明文化されていませんでした。

必要以上に女性の再婚の自由を制約しているとして、法律が改正され100日になりました。


スポンサーリンク
スポンサーリンク